エイバル・乾貴士に中国1部・上海上港が獲得オファー 3年契約で年俸100万ユーロ超

2021年02月16日 08時20分

乾貴士

 中国1部の上海上港がスペイン1部エイバルに所属する元日本代表MF乾貴士(32)に獲得オファーを出したと同国の専門メディア「fichajes.net」が15日までに報じた。

 同メディアによると、上海上港は、3年契約で年俸100万ユーロ(約1億2500万円)を超える条件を提示しているという。ただ、エイバルは乾の放出を予定しておらず、交渉は難航すると予想した。

 一方、同国紙「ラ・ラソン」は、乾と2022年夏まで契約があるエイバルでは、主力選手が契約満了となり、移籍金なしで他クラブに流出している状況にあり「移籍金を得るため売却に方針転換する可能性がある」と伝えている。

 上海上港は昨季まで元ブラジル代表FWフッキ(34)が所属。今季はアジアチャンピオンズリーグ(ACL)予選プレーオフに出場するが、乾がスペインを離れることはあるのだろうか。

関連タグ: