エバートン・アンチェロッティ監督の自宅が強盗被害

2021年02月13日 23時39分

アンチェロッティ監督(ロイター)

 イングランド・プレミアリーグのエバートンで指揮を執るカルロ・アンチェロッティ監督(61)の自宅が強盗の被害にあった。英「BBC」が13日に報じた。

 マージーサイド警察への通報があったのは12日午後6時30分ごろ。2人組の男がホール・ロード・イーストのクロスビーにある自宅に押し入り、金庫を盗んだという。当時、アンチェロッティ監督は不在で、娘のカティアさんが強盗を追い払ったという。なお、カティアさんを含め、居住者にケガ人などはいなかった。

 強盗の風貌については、白い文字が書かれた黒い服に、黒い帽子をかぶっていたとされ、情報提供を呼び掛けている。

関連タグ: