マンチェスターU・スールシャール監督が契約延長へ

2021年02月11日 22時47分

マンチェスターU・スールシャール監督(ロイター)

 イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのオーレグンナー・スールシャール監督(47)が契約を延長する見込みとなった。

 スールシャール監督は2018年12月に当時のジョゼ・モウリーニョ監督の解任を受けて暫定監督に就任。19年3月に正式に監督に就任し、22年まで契約が残っている。

 そうした中で今季は一時首位に立つなど優勝争いを展開。8年ぶりVも射程圏に入れ、チーム再建に成功した。スペインメディア「トードフィチャージェス」は「スールシャール監督の契約更新がすでにユナイテッドのテーブルにある。チームのイメージを変えることに成功し、取締役会からの信頼を得た」とその手腕を高く評価するクラブ首脳陣が契約延長の交渉を開始した。

 新たに2年契約となる見込みで、年俸は700万ユーロ(約8億8000万円)となる模様だ。「監督はオールドトラフォード(マンチェスターUの本拠地)で継続する意思があるので、合意に達することに問題はない」とまもなく合意して契約延長となりそうだ。

 常勝軍団を築いたアレックス・ファーガソン元監督が退いた後は頻繁に監督交代を繰り返して迷走していた名門だが、久しぶりの長期政権になる可能性が出てきた。