サウサンプトン移籍の南野のためリバプールが有利な契約条項を盛り込む

2021年02月05日 16時47分

南野拓実

 イングランド・プレミアリーグ、サウサンプトンに今季終了までの期限付きで移籍した日本代表MF南野拓実(26)のために、所属元のリバプールは有利な条項を盛り込んでいたことが分かった。

 英メディア「HITC」は、同国メディア「アスレティック」の報道を引用する形で、リバプールはサウサンプトンに対して出場機会を与える条項を入れることを主張し、実現させたという。サウサンプトンは50万ポンド(約7200万円)のレンタル料と給与全額を負担しているが、リバプールが定めた出場時間を確保できなければ、リバプールへ別の支払いをしなければならないという。

 とはいえ、サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督が「最初の練習から素質を示してくれた。すぐにチームの力になってくれるだろう」と期待しているだけに、この条項がなくてもしっかりプレー機会を確保してくれそうだ。早ければ6日のニューカッスル戦でデビューする可能性がある。

【関連記事】

関連タグ: