ネイマールがPSGと4年契約延長合意か 盟友メッシもパリへ行く!?

2021年02月03日 15時28分

ネイマール(ロイター)

 フランス1部パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール(28)が4年の契約延長に合意したと、各メディアが報じた。今夏に同クラブへの加入がささやかれるスペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の去就にも影響を与えそうだ。

 ネイマールは先日、フランスメディアに「ここで幸せだ。ここに残りたいと思っている」と発言し、パリSG残留を宣言していたが、スペイン紙「マルカ」は、ブラジルの「TNTスポーツ」の情報をもとに、ネイマールが4年の契約延長に合意したとし「パリのプロジェクトの要になるでしょう」と報道。近日中にも正式発表される見通しだ。

 かねてバルセロナへの復帰やスペイン1部レアル・マドリード入りが報じられていた中、昨年12月にネイマールは「来季は絶対にメッシと一緒にプレーしたい」と発言しており、その去就が世界ナンバーワンFWの動向にリンクするのではないかとの臆測が各メディアで報じられていた。

 それだけにネイマールのパリSG残留が決定的になったことは、メッシの将来に大きな意味を持つとみられている。かねてプライベートでの親交も伝えられており、盟友と言われる2人。メッシが今夏でバルセロナと契約満了となる中、新天地として有力視されるパリSG入りに大きく前進したとも言えそうだ。

関連タグ: