メッシ獲得示唆発言でバルサとPSGの溝がさらに深まる

2021年01月26日 15時09分

メッシ獲得を巡り2大クラブが対立

 スペイン1部バルセロナとフランス1部パリ・サンジェルマンが深刻対立か。バルセロナ新会長候補のジョアン・ラポルタ氏は、パリSGのレオナルド氏が地元誌「フランスフットボール」に「メッシのような偉大な選手は常にパリSGのリストに入る」などと、獲得を示唆したことに不快感を示した。

 スペイン紙「マルカ」や「アス」など、各メディアによると、今夏の退団が噂されるエースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)を巡る〝駆け引き〟について、ラポルタ氏は「私はこうしたやり方が好きではない。私はこういうのが好きではないし、それが正しいとは思えない。チームとクラブを不安定にする方法だ。私たちはそのようなゲームには参加していない」と語ったという。

 その上で新会長候補は「いずれにせよ、私たちが敬意を払っているのと同じように、バルセロナのバランスを崩さないでほしい。シーズンの真っただ中にメッシに署名するつもりだと彼らに言わせるようなことは何もしていない」と、パリSGの姿勢を非難し「エリートクラブになりたいと思っているのであれば、このようなコメントをするべきではない」とクラブ幹部の〝断罪〟した。

 バルセロナは、これまでもブラジル代表FWネイマール(28)の獲得を巡って、パリSGの姿勢に難色を示すなど、決して友好的な関係ではない中、メッシを巡る発言で両クラブ間の溝がさらに深まったのは間違いない。

【関連記事】

関連タグ: