シントトロイデン・鈴木優磨が2試合連続2ゴール 得点ランキング3位に浮上

2021年01月21日 08時18分

鈴木優磨

 ベルギー1部シントトロイデンのFW鈴木優磨(24)は20日(日本時間21日)、アウェーのコルトレイク戦で2試合連続2ゴールをマークし、2―0の勝利に貢献した。

 前半15分にPKキッカーを務めた鈴木が左隅に決めて先制すると、終了間際の46分にも左サイドからのクロスに最後は鈴木が合わせて追加点。後半は一進一退の攻防となったが、そのまま2―0で勝利。35分に交代した鈴木は今季12ゴールとし、リーグ得点ランキング3位に浮上した。トップは19得点のFWパウル・オヌアチェ(26=ゲンク)。

 シントトロイデンのGKシュミット・ダニエル(28)はフル出場。DF松原后(24)、FW伊藤達哉(23)、FW中村敬斗(20)はベンチ外だった。