久保建英 右ウイングでヘタフェ移籍後初先発へ

2021年01月20日 19時28分

ヘタフェ・久保建英

 スペイン1部ヘタフェの日本代表MF久保建英(19)が20日(日本時間21日)のウエスカ戦で初スタメンを飾りそうだ。
 
 久保は8日に同1部ビリャレアルからヘタフェに移籍。11日(日本時間12日)のエルチェ戦では後半19分から出場すると、決勝点を含む2得点に絡む活躍を見せ、チームも3―1で勝利を収めた。
 
 さらなる好パフォーマンスが期待される中、スペイン紙「マルカ」は4―2―3―1の右ウイングで久保を起用すると予想した上で「ヘタフェでは久保がレギュラー入りするのでは」とつづった。スペイン紙「アス」もマルカと同様の布陣で起用すると報道。得意のポジションでアピールを狙う。
 
 対戦相手のウエスカには、元日本代表FW岡崎慎司(34)が所属している。「アス」はベンチスタートと読んでいるが、日本人対決の可能性も十分にありそうだ。

 勝ち点20で13位に位置するヘタフェにとっては何としても勝利し、残留争いから抜け出したいところ。果たして久保は2試合連続で勝利の立役者となれるのか。