前園氏が不安視する久保建英の去就「ワンランク下のチームで輝けるのか」

2020年12月22日 06時15分

去就が注目される久保建英(ロイター)

【前園真聖 ゾノの焦点!】スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)の去就が大きな話題となっています。

 今季加入した強豪ビリャレアルではレギュラーの座をつかむことは容易ではなく厳しいサバイバルが続いています。それでもリーグ戦では出場が続いていましたが、19日のオサスナ戦で初めて出番がなかったことで移籍の可能性も取りざたされるようになってきました。

 もともと久保は出場機会が重要ということで保有元のレアル・マドリードを出て、昨季はマジョルカに期限付き移籍をしてプレー。経験値を積むことは重要で、それが成長へのステップになります。マジョルカではレギュラーとして35試合に出場して4ゴールの実績を残しました。

 しかし、ビリャレアルでのポジション争いは2番手でもなく、3番手くらいというのが実情と言えます。決して重宝されているようには思えません。この現状を本人が、どう受け止めるのか。

 出場機会を求めて冬の移籍市場で新天地へ行くのも一つの手だとは思いますが、そうなるとチームをワンランク下げる必要があります。下位のチームに行くと戦術が守備的になることが予想され、久保も守備に回ることがどうしても多くなります。果たしてそうした中で輝けるのでしょうか。

 ビリャレアルならば強豪でレベルの高い選手が多い中で攻勢に出る場面も多く、出番さえつかめば久保がより一層輝ける可能性があります。もちろん、出場機会をつかむためには、ウナイ・エメリ監督(49)から結果を求められているのは言うまでもありません。

 最後は本人の決断になりますが、どのような結論になるのか注目したいと思います。

(元日本代表MF)