【欧州CL】マンチェスターUが1次リーグ敗退 スールシャール監督「私たちはあまりにも受け身だった」

2020年12月09日 12時35分

ぼう然とするスールシャール監督(ロイター)

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ最終節(8日=日本時間9日)、H組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)はアウェーでライプチヒ(ドイツ)に2―3で敗れた。開始2分で先制を許すと、前半13分、後半24分にも失点し、0―3とされる。ここから盛り返し、終盤に2得点を奪ったが、敗戦し、1次リーグを突破できなかった。

 オーレグンナー・スールシャール監督(47)は「私たちはあまりにも受け身だった。そして、うまく対処することができなかった」とし、1次リーグ敗退については「難しいグループなのはわかっていたが、私たちは十分ではなかった。ターニングポイントになったのはバシャクシェヒル(トルコ)での(1―2)敗戦。ポイントを失った」と振り返った。

【関連記事】