【欧州リーグ】AZのDF菅原はフル出場でナポリとドロー

2020年12月04日 12時14分

菅原由勢(ロイター)

 欧州リーグ(EL)1次リーグ第5節が3日(日本時間4日)に行われ、F組AZアルクマール(オランダ)のDF菅原由勢(20)はホームのナポリ(イタリア)戦に左サイドバックでフル出場した。試合は1―1で引き分け。勝ち点8として32チームで争う決勝トーナメント進出に向けて同組2位を守った。

 25日に急逝したディエゴ・マラドーナ氏の追悼ムードがやまないナポリは、前節圧勝の勢いを持続。前半6分にFWドリース・メルテンス(33)が右クロスに反応して、早々と先制した。

 何とか勢いを止めたいAZは後半に入って反撃を開始。9分に味方のミドルシュートの線上に入ったDFブルーノ・マルティンスインディ(28)がゴール前でコースを変えて同点に追いついた。これで流れを引き戻すと、14分にはPKを獲得。しかし、MFトゥーン・コープマイネルス(22)の右足シュートはGKに止められ、逆転はならなかった。

 試合はその後、両チームともに決定力を欠き、スコアは動かないまま終了。決勝T進出チーム決定は10日(同11日)の最終節に持ち越しとなった。