ビリャレアルの監督が久保建英に注文「ゴールに絡む動きを増やしてほしい」

2020年12月02日 17時05分

久保建英(ロイター)

 スペイン1部ビリャレアルのウナイ・エメリ監督(49)が、日本代表MF久保建英(19)とナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼ(21)へさらなる高レベルのプレーを求めている。

 スペイン紙「マルカ」は「エメリ監督は、変化をもたらすことを運命づけられた若いチュクウェゼと久保のパフォーマンス向上を求めている」と報じた。その理由として「ビリャレアルは強固なベースを持っているが、それはスタメン全員がベストパフォーマンスを発揮しなければ、維持できない。そういう意味で久保とチュクウェゼは、多くのものを期待されている」と説明した。

 指揮官は2人をチームにプラスアルファを与える存在として認識しており、久保については「タケ(久保)はその場の仕掛けだけで終わることが多いので、ゴールに絡む動きを増やしてほしい。それができれば、我々は一歩前進できるだろう。強さとクオリティーを持った選手が多いので、求めるハードルは高く設定している」と語った。

 久保は期待されているからこその高い要求に応えようとするのか。それとも現地メディアで取りざたされている今冬の移籍を選ぶのか。今後が注目される。