29日の欧州サッカー 日本選手の活躍は…

2020年11月29日 13時25分

【ドイツ】開幕戦から9試合連続でスタメンに名を連ねたビーレフェルトのMF堂安律(22)は、ライプチヒに1―2で敗れ、7連敗を喫した。

 EフランクフルトのMF鎌田大地(24)は、ウニオン・ベルリンで2アシストの活躍。試合は3―3で引き分けた。MF長谷部誠(36)は出番がなかった。

 シュツットガルトのMF遠藤航(27)はバイエルン・ミュンヘン戦にフル出場したが、1―3で逆転負けを喫した。

【スペイン】ウエスカのFW岡崎慎司(34)は、セビリア戦の後半27分から途中出場。チームは同38分に失点を許し、0―1で敗れた。

【ベルギー】シントトロイデンのGKシュミット・ダニエル(28)は、ワースランドベベレン戦に4試合連続で先発出場。試合終了間際に失点を許し、1―1で引き分けた。FW鈴木優磨(24)は後半30分に交代した。

 ゲンクのFW伊東純也(27)は、セルクル・ブリュージュ戦に先発出場。前半9分に先制点をアシストすると、同16分には2試合連続となる今季4ゴール目をマーク。チームも5―1の勝利を収めた。

【フランス】マルセイユのDF酒井宏樹(30)はナント戦に右サイドバックで2試合ぶりに先発出場。後半42分にDF長友佑都(34)と交代した。試合は3―1で快勝した。