【セリエA】Cロナウド2得点で得点ランク首位に並ぶ

2020年11月22日 11時25分

ゴールを決めたロナウドは歓喜のジャンプ(ロイター)

 イタリア1部リーグ第8節、ユベントスFWクリスチアーノ・ロナウド(35)がホームのカリャリ戦で2得点を挙げ、2―0の勝利の立役者となった。これで今季リーグ通算8得点目となり、トップのFWズラタン・イブラヒモビッチ(39=ACミラン)に並んだ。

 C・ロナウドは前半38分、ペナルティーエリア左から中に切れ込んで先制ゴールを奪うと、その4分後に右CKから左サイドに流れたボールを押し込んで2点目。チームは後半に22分にカリャリのヘディング弾でゴールネットを揺らされたが、オフサイド判定で取り消しになり、結局無失点で快勝した。

 10月下旬に新型コロナウイルス陽性となり、欧州CLバルセロナ戦などを欠場していたが、1日のスペツィア戦で2得点を挙げて復活。この日の活躍で完全復調したとみてよさそうだ。

【関連記事】