カタールW杯南米予選 ブラジルがウルグアイに2―0 4連勝で首位を守る

2020年11月18日 12時17分

ゴールを喜ぶブラジル代表(ロイター)

 サッカーのカタールW杯南米予選第4節が17日(日本時間18日)に行われ、ブラジルは敵地でウルグアイに2―0で勝ち、4連勝で首位を守った。

 ブラジルはケガでFWネイマール(28=パリ・サンジェルマン)を欠き、ウルグアイはFWルイス・スアレス(33=アトレチコ・マドリード)が新型コロナウイルス陽性で欠場。互いにエース不在の中で始まったが、試合はブラジルがペースを握って前半34分にMFアルトゥール(24=ユベントス)が先制点を挙げると、45分にはFWリシャルリソン(23=エバートン)が追加点を奪い、前半を折り返した。

 後半はウルグアイも盛り返したが、26分にFWエディンソン・カバーニ(33=マンチェスター・ユナイテッド)が危険なプレーで一発退場。これで打つ手がなくなり、ブラジルに屈した。ウルグアイは5位に後退した。

 FWリオネル・メッシ(33=バルセロナ)がフル出場したアルゼンチンは敵地でペルーに2―0と快勝し、2位をキープ。FWニコラス・ゴンザレス(22=シュツットガルト)が前半17分に先制ゴールを奪うと、28分にはFWラウタロ・マルティネス(23=インテル)が追加点を挙げた。

 ホームでコロンビアを6―1で粉砕したエクアドルが3位。ボリビアと2―2で引き分けたパラグアイが4位に浮上した。チリはベネズエラに1―2で敗れた。