バルサがネイマール提訴を検討 〝過払い金〟約12億円返還求める

2020年11月12日 16時00分

ネイマール(ロイター)

 スペイン1部バルセロナが、フランス1部パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール(28)に〝過払い金〟の返還を求めて提訴する可能性が出てきた。

 スペイン紙「エル・ムンド」によると、2013年から4シーズン、バルセロナに在籍したネイマールは、2017年に移籍金2億2200万ユーロ(約275億円)でパリSGに移籍したが、スペイン税務署の調査によって、バルセロナがネイマールの税金を収める際、適切な控除を行っていなかったことが判明。ネイマールに過払いが生じていたため、バルセロナは、1020万ユーロ(約12億6000万円)の返還を求めて提訴を検討しているという。