【セリエA】フィオレンティナがイアキニ監督解任 後任はプランデッリ氏が10年ぶりに就任

2020年11月10日 10時59分

 イタリア1部フィオレンティナは9日、ジュゼッペ・イアキニ監督(56)の解任とチェーザレ・プランデリ新監督(63)の就任を発表した。今回が10年ぶりの復帰となる。

 プランデリ氏はフィオレンティナを2005年から10年まで指揮。欧州チャンピオンズリーグ(CL)に2度導いた。パルマ監督時代には当時の日本代表MF中田英寿と起用法を巡って対立したことでも知られる。
 10年の南アフリカW杯後にイタリア代表監督に就任し、12年欧州選手権で準優勝。だが14年ブラジルW杯では1次リーグで敗退して辞任し、以後はガラタサライ(トルコ)、バレンシア(スペイン)、アルナスル(UAE)の監督を歴任した。14年末には、当時の日本代表を指揮していたハビエル・アギーレ監督の解任後に日本代表監督就任のオファーを受け、辞退したと言われている。
 昨季19―20年シーズンはジェノアを指揮していたが17位に沈み、退任していた。フィオレンティナは2勝2分け3敗で現在12位。名門を立て直せるか。

【関連記事】