【8日の欧州サッカー】ボローニャ・冨安健洋 フル出場もナポリに惜敗

2020年11月09日 11時00分

【イタリア】日本代表DF冨安健洋(22)のボローニャはホームのナポリ戦でフル出場したが、試合は0―1で敗れた。

【オーストリア】13、17日の国際親善試合で日本代表に初選出されたザルツブルクのMF奥川雅也(24)は、敵地でFW北川航也(24)のラピッド・ウィーンと1―1で引き分けた。奥川は後半23分から途中出場。北川は先発出場し、後半16分までプレーした。

【オランダ】フローニンゲンの日本代表DF板倉滉(23)は敵地フェイエノールト戦に先発フル出場。チームは0―2で敗れた。

【ベルギー】アントワープの日本代表MF三好康児(23)はホームのスタンダール戦に先発出場し、後半24分までプレー。チームは1―1で引き分けた。同DF植田直通(26)がベンチ外だったセルクル・ブリュージュはホームでワーレゲムに1―3で敗れた。

【ポルトガル】MF中島翔哉(26)のポルトはホームで日本代表GK権田修一(31)、DF安西幸輝(25)のポルティモネンセと対戦し、3―1で勝利した。中島は後半47分から出場、権田はベンチ外。安西はフル出場。

【イングランド】MF南野拓実(25)のリバプールは敵地でマンチェスター・シティーと1―1で引き分けた。南野はベンチ外だった。

【関連記事】