【欧州サッカー・日本人選手】ウニオン・ベルリン遠藤渓太が初ゴール!シントトロイデン鈴木は今季4得点目

2020年11月08日 12時57分

先発出場したシュツットガルトMF遠藤航(ロイター)

【イタリア】1部サンプドリアの日本代表DF吉田麻也(32)は、アウェーのカリアリ戦に先発出場。チームは0―2で敗れ、5試合ぶりの黒星となった。

【ドイツ】1部ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太(22)は、ホームで日本代表MF堂安律(22)が所属するビーレフェルトと対戦。遠藤が前半3分にリーグ戦初ゴールを挙げるも、同20分に右太もも裏を負傷して途中交代。チームは5―0で大勝した。

 1部シュツットガルトの日本代表MF遠藤航(27)は、ホームでEフランクフルトの日本代表MF鎌田大地(24)、元日本代表DF長谷部誠(36)と対戦。3選手ともに先発出場を果たすも、試合は2―2の引き分けに終わった。

【ベルギー】1部シントトロイデンの日本代表GKシュミット・ダニエル(28)、FW鈴木優磨(24)は、日本代表MF伊東純也(27)が所属するゲンクと対戦。鈴木が今季4得点目を挙げたものの、チームは1―2で敗れた。

 1部ベールスホットの日本代表FW鈴木武蔵(26)は、アウェーのコルトレイク戦に先発出場。試合はお互いが激しく点を取り合い、5―5で引き分けた。

【スペイン】1部エイバルの元日本代表MF乾貴士(32)、同FW武藤嘉紀(28)は、アウェーで日本代表FW岡崎慎司(34)が所属するウエスカと対戦。乾はフル出場し、武藤は後半20分からピッチに立ったが、試合は1―1で引き分けた。