【欧州リーグ】ビリャレアル久保が最新ランキングでトップ3入り

2020年11月07日 13時29分

5日の試合で勝利に貢献した久保(ロイター)

〝日本の至宝〟が欧州の舞台で存在感を発揮している。欧州サッカー連盟(UEFA)は6日、欧州リーグ(EL)1次リーグ第3節の結果を受け、同大会の最新選手ランキングを発表した。

 当ランキングは、ELや各国内リーグでのパフォーマンスをもとに、構成されている。

 今大会6ゴール1アシストをマークしているリール(フランス)のトルコ代表MFユスフ・ヤズジュ(23)が7686ポイントで1位。4ゴールを挙げているホッフェンハイム(ドイツ)のイスラエル代表FWモアネス・ダブール(28)が5847ポイントで2位。そして、1ゴール3アシストの活躍を見せているビリャレアル(スペイン)の日本代表MF久保建英(19)が5734ポイントで3位に入った。また、前回3位だったトットナム(イングランド)の韓国代表FWソン・フンミン(28)が5202ポイントで9位に後退。久保がアジア人トップに浮上した。

 久保は、5日にホームで行われたマカビ・テルアビブ(イスラエル)戦にスタメン出場。チーム2点目をアシストするなど、4―0の勝利に貢献。10月22日のシワススポル(トルコ)戦でも1ゴール2アシストを記録し、チームも5―3で勝利を収めた。当初はなかなか出場機会に恵まれたかったが、欧州の地で猛アピールを続けている。

【関連記事】