国際プロサッカー選手会がACL東地区カタール集中開催を懸念「選手との協議が不足している」

2020年11月06日 15時42分

 国際プロサッカー選手会(FIFPRO)は5日、18日から行うアジアチャンピオンズリーグ(ACL)東地区のカタール集中開催に懸念を表明した。

 ACL東地区は、新型コロナウイルスの影響で中断されていた1次リーグの残りと準決勝までを18日~12月13日にカタールで行い、12月19日も同国で行うなか、FIFPROは「カタールでのACL開催と新型コロナウイルス感染対策の計画において、プロサッカー選手との協議が不足していることに失望し、懸念を抱いている。これらの問題は、選手の国内リーグ参加だけでなく、精神的および肉体的な健康にも影響を及ぼすことになる」などと声明を発表した。

 一方、ACLを主催するアジアサッカー連盟(AFC)は、万全の感染対策で大会を成功させたいとしている。