【欧州CL】マンU CL初出場チームにまさかの敗戦

2020年11月05日 11時34分

ゴールに歓喜するマルシャル㊥(ロイター)

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第3節(4日=日本時間5日)、H組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)はアウェーでバシャクシェヒル(トルコ)に1―2で敗れた。前半13分にカウンターから失点をすると、続く40分に追加点を許した。43分にFWアントニー・マルシャル(24)のゴールで1点差とするものの、後半も得点を奪えずに、CL初出場チームにまさかの敗戦となった。

 マンUのオーレ・グンナー・スールシャール監督(47)は「運動量が豊富なチームに対峙するのに、われわれのパフォーマンスは十分ではなかった。こちらの守備の甘さを突いてすかさず得点を奪うというのは、欧州カップ戦の試合ではよくある展開だ」とし、2失点目について「相手がトップに1人いることを忘れていた。このレベルの試合であのようなイージーゴールを与えてはいけない。いつものわれわれなら決してしないことだ」と振り返った。