【欧州CL】パリ・サンジェルマン ネイマールとエムバペを欠き逆転負け

2020年11月05日 11時35分

ゴールを喜ぶディマリア(ロイター)

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第3節(4日=日本時間5日)、H組のパリ・サンジェルマン(フランス)はアウェーでライプチヒ(ドイツ)に1―2と逆転負けを喫した。

 昨季CL準優勝のパリSGは、ブラジル代表FWネイマール(28)とフランス代表FWキリアン・エムバペ(21)が負傷のため欠場となり、FWアンヘル・ディマリア(32)がチームをけん引。前半6分に先制ゴールを決めたディマリアは、16分に相手のファウルで得たPKでキッカーを務めるも、GKの好セーブでゴールネットを揺らせなかった。

 すると、前半42分に同点弾を決められ、後半12分には逆転を許してしまう。パリSGは最後までゴールに迫ったが、エース不在のチームは決め手を欠き、敗戦。トーマス・トゥヘル監督(47)は「難しい試合だった。たくさんのチャンスはつくれた」とコメントした。パリSGは1勝2敗の勝ち点3でグループ3位。