ネイマールがパリSG残留を希望 エムバペの契約延長は難航か

2020年11月04日 21時28分

契約延長を希望するネイマール(ロイター)

 フランス1部パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール(28)が、2022年夏で切れるチームとの契約更新を希望している。

 英紙「サン」は、フランスメディア「フットメルカート」の情報を引用して、ネイマールの願望情報を報じた。2017年にパリSG入りした後も、何度となくバルセロナへの復帰願望が伝えられてきた。しかし古巣の財政状況が悪化し、復帰が厳しくなっている状況の上に、本人がパリ生活を満喫していることも残留を選ぶ理由の1つ。すでにチームのスポーツダイレクターを務める元ブラジル代表のレオナルド氏(51)に契約更新の希望を伝えたという。

 一方、同じく22年夏に契約が切れるフランス代表FWキリアン・エムバペ(21)に関しては、欧州メディアでスペイン1部レアル・マドリード入りなどの可能性も報じられており、契約延長交渉が難航すると見られているが、パリSGは、2人のスター選手の契約延長を勝ちとれるか。