新型コロナ感染のC・ロナウド 4度目の検査で陰性も次戦出場は不透明

2020年10月31日 10時49分

4度目の検査で陰性が確認されたC・ロナウド(ロイター)

 新型コロナウイルスの陽性判定を受けていたポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(35)が4度目の検査で陰性となった。所属するイタリア1部ユベントスが30日、自主隔離対象ではなくなったことを発表した。

 C・ロナウドはポルトガル代表活動期間中の13日に陽性が明らかになり、戦線を離脱。隔離期間中には自身のインスタグラムなどに自宅で日光浴する画像も投稿されていたが、28日の欧州チャンピオンズリーグ、バルセロナ戦直前の検査でも陽性となって欠場し、FWリオネル・メッシ(33)との対決は実現しなかった。

 今後は11月1日の国内リーグ、スペツィア戦が控えるが、メディカルチェックが必要とあって出場については不透明だ。