【スペイン】エイバル乾8試合連続先発も得点ならず 武藤は途中出場も見せ場なし

2020年10月31日 10時39分

乾貴士

【スペイン・エイバル30日(日本時間31日)発】スペイン1部リーグ第8節、MF乾貴士(32)とFW武藤嘉紀(28)が所属するエイバルはホームで昇格組のカディスに0―2で敗れた。

 乾は4―2―3―1システムの2列目左MFで8試合連続の先発出場を果はたし、前半33分に右クロスをどんぴしゃりのヘディングシュート。だがGKの好守で防がれて先制点のチャンスを逃した。直後の36分に先制を許すと、その3分後にも失点。2点リードされて前半を終えると、後半開始からMFエスポジトと交代でベンチに退き、45分間のプレーにとどまった。

 後半も相手の堅守にチャンスをつくれず、37分から投入された武藤も流れを変えるまでには至らなかった。消化試合数にばらつきはあるものの、エイバルは勝ち点8の暫定11位。一方、好調のカディスは同14で2位に浮上した。