FIFAも祝福!マラドーナが還暦迎える

2020年10月30日 21時14分

還暦を迎えたマラドーナ氏(ロイター)

 元アルゼンチン代表FWのディエゴ・マラドーナ氏が30日、60歳の誕生日を迎えた。

 悪童スーパースターが還暦を迎えたのに合わせて、国際サッカー連盟(FIFA)公式ホームページでは「ディエゴ、60歳おめでとう!」と題して現役時代の功績を振り返る特集を掲載している。

 1977年2月のハンガリー戦でA代表デビュー。このとき、まだ16歳130日で今もアルゼンチン代表最年少出場記録だ。そのままA代表定着とはいかなかったが、79年ワールドユース選手権(現・U―20W杯)の母国優勝の立役者となって実力を証明した。

 そして82年のスペイン大会でW杯デビューを飾ったが、2次リーグ(当時)で敗退。続く86年メキシコ大会では4年前の悔しさを晴らす優勝を達成した。このときイングランドとの準々決勝で生まれた「神の手ゴール」と「5人抜きゴール」は伝説となっている。
 その後、90年イタリア大会、94年アメリカ大会にもメンバー入りし、計4度のW杯に出場。出場21試合はアルゼンチン代表史上最多となっている。

 またマラドーナ氏のインスタグラムには、元ブラジル代表のロナウド氏(44)や同ロナウジーニョ氏(40)ら多くの著名人が、祝福コメントを述べる動画がアップされた。