【欧州リーグ】ビリャレアル・久保建 3戦連続スタメンで好プレー連発 3―1でカラバフに逆転勝ち

2020年10月30日 09時05分

随所に好プレーを見せた久保㊨(ロイター)

【トルコ・イスタンブール29日(日本時間30日)発】サッカーの欧州リーグ(EL)1次リーグ第2戦、日本代表MF久保建英(19)のビリャレアル(スペイン)はカラバフ(アゼルバイジャン)に3―1で逆転勝利した。公式戦3戦連続のスタメン出場を果たした久保は、随所で好プレーを見せたがゴールはならず、後半29分に交代した。

 左サイドでプレーした久保。序盤は互いに決め手を欠くなか、前半30分、久保がドリブルで仕掛けると相手のファウルを誘発し、ゴール正面でFKチャンスを得た。しかしMFマヌエル・トリゲロス(29)のシュートは相手GKの好セーブに阻まれる。後半に入ると、久保がさらに躍動。18分、左サイドをドリブルで突破すると、ゴール前でフリーのMFサムエル・チュクウェゼ(21)にパス。決定機をつくるも、チュクウェゼのシュートは枠の外。同24分にも久保は絶妙なパスで攻撃の起点になったが、得点には至らず。同29分に交代した。

 チームはその後、先制点を許すも、盛り返し3得点をゲット。EL2連勝を飾った。