ビリャレアル・久保建 今季リーグ戦初先発も見せ場つくれず現地評価「2」

2020年10月26日 11時00分

久保建(ロイター)

【スペイン・カディス25日(日本時間26日)発】スペイン1部リーグ第7節、ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)は敵地のカディス戦でリーグ戦初先発出場を果たしたが不発に終わり、0―0で引き分けた。

 この日は得意の右ウイングに陣取ったが、ゴールへ迫るシーンはほとんどなかった。前半16分に左クロスに中央へ走り込み、相手DFと交錯して転倒したシーンがあった程度。セットプレーのキッカーを務める場面もあったが、チャンスにつながらなかった。前節にレアル・マドリードから完封勝利を挙げたカディスの堅守に手こずり、見せ場はなし。後半17分にMFサムエル・チュクウェゼ(21)と交代してベンチに退いた。

 22日の欧州リーグ(EL)のシワススポル(トルコ)戦では1ゴール2アシストをマークしたものの、中2日で回ってきたアピールのチャンスを生かせないまま終了。ウナイ・エメリ監督(48)の信頼を確固たるものにするには物足りない内容で、スペイン紙「アス」の評価も4点満点中、2点だった。