MF久保建英 ビリャレアル初スタメンで移籍後初ゴール! 前半13分こぼれ球に左足!!

2020年10月23日 04時33分

移籍後、初ゴールを決めた久保建をイレブンが祝福(ロイター)

 サッカーの欧州リーグ(EL)が22日(日本時間23日)に開幕し、ビリャレアル(スペイン)の日本代表MF久保建英(19)がチーム加入後、初スタメンで初ゴールを決めた。

 ここまで国内リーグ戦で6試合連続ベンチスタートの久保は、EL1次リーグI組初戦のシワススポル(トルコ)戦で今季初先発。迎えた前半13分、MFチュクエゼ(21)の放ったシュートがGKにセーブされると、そのこぼれ球に素早く反応。ゴール前に走り込み、左足で先制点をマークした。

 18日の国内リーグ・バレンシア戦では途中出場ながら今季初アシストを決めていたが、好調をキープしているようだ。