コロナ感染のC・ロナウドが疑惑を直接否定 「すべてを正しく行った」

2020年10月17日 11時44分

C・ロナウド(ロイター)

 イタリア1部ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(35)が一連の疑惑を否定した。

 C・ロナウドは、代表活動中に新型コロナウイルスへの感染が判明。14日にプライベートジェットでイタリアへ戻ったが、英衛星放送局「スカイスポーツ」は「C・ロナウドは、ポルトガルでコロナの陽性反応を示した後、イタリアに戻ったときに健康規則に違反した可能性がある」と伝えていた。

 しかし、スペイン紙「アス」はC・ロナウドが「私は元気だとみなさんに報告するためにライブをやらなければならなかった。私は検疫違反をしていない。私とチームはすべてを正しく行った。それはすべて許可を得たものだった」と、自身のインスタグラムのライブ機能を使って語ったと報じている。

 さらに同紙によると「私は元気。私は何の症状もない。私はよく眠り、よく食べ、できる限り日光浴をしている。できるだけ早くトレーニングに戻りたい」と話したという。

 順調な回復ぶりを見せている一方で、一連の疑惑は泥沼化するかもしれない。