久保建引き揚げも…ビリャレアルの起用法にレアルマドリーが不信感

2020年10月05日 11時00分

久保建英の今後は…

 早くも去就問題に発展か。スペイン1部ビリャレアルのMF久保は0―0で引き分けたアトレチコ・マドリード戦(3日)で5戦連続の先発落ちとなり、後半40分から出場した。ここまで公式戦無得点と、もどかしい状況が続いている。

 スペイン紙「マルカ」は、ウナイ・エメリ監督(48)が「経験を積み上げている段階。今季はもう一段階上のステップを求めている。今日(Aマドリード戦)は11人がうまく機能していたので選手交代は簡単ではなかったが、勝つために、久保とサム(サムエル・チュクウェゼ)を投入した」と説明したと報じた。

 その一方、地元メディア「ディフェンサ・セントラル」によると、ビリャレアルでの状況について、久保の保有権を持つスペイン1部レアル・マドリードが不信感を募らせているという。また、Rマドリードが、昨季バリャドリードへ武者修行に出したGKアンドリー・ルニン(21)の出番がないと、シーズン中ながら2部オビエドに移籍させた例も伝えている。

 このままベンチに固定され続ければ“白い巨人”は、久保をビリャレアルから引き揚げる可能性もありそうだ。