南野拓実のリバプールがアーセナルを下して開幕3連勝

2020年09月29日 08時29分

アディショナルタイムから出場した南野㊧(ロイター)

【英国・リバプール28日(日本時間29日)発】イングランド・プレミアリーグ第3節、MF南野拓実(25)が所属するリバプールはホームでアーセナルに3―1で逆転勝ちし、開幕3連勝を飾った。

 同じく開幕から連勝発進の〝ガナーズ〟を迎えたリバプールはFWモハメド・サラー、FWサディオ・マネ、FWロベルト・フィルミノの3トップが先発。25日のリーグカップで2得点した南野はベンチで戦況を見守った。

 開始直後からハイプレスでアーセナルのゴールを脅かしたが、前半25分に守備陣のクリアミスから先制点を献上。それでも慌てることなく攻め続け、3分後にはサラーのシュートをGKがはじいたところにマネが詰めて同点とした。34分には大きなサイドチェンジからDFロバートソンのシュートが決まってあっさり逆転に成功した。

 後半も攻め続けることで相手の攻撃時間を減らし、終始試合を有利に運んだリバプール。43分にはMFジョタがミドルシュートでダメ押し点を奪った。南野はアディショナルタイムに入ってからの出場で見せ場はなかったが、戦力としてユルゲン・クロップ監督からの信頼も得ている。好調なチームの中で今後も少ないチャンスを生かす形となりそうだ。