リバプール・南野がリーグ杯で2得点 レギュラー取りへ好アピール

2020年09月25日 08時03分

ゴールを決めた南野(ロイター)

【英国・リンカーン24日(日本時間25日)発】イングランド・プレミアリーグのリバプールに所属するFW南野拓実(25)がリーグ杯(カラバオカップ)3回戦の3部リンカーン戦にフル出場し、2得点を挙げた。8月29日のコミュニティーシールド、アーセナル戦以来のゴールで、今季公式戦3点目。チームは7―2で大勝し、アーセナルと対戦する4回戦に進んだ。

 今季初の公式戦先発出場となった南野はトップ下のポジションでプレー。1―0で迎えた前半18分、ショートカウンターから相手のクリアミスを拾うと、ペナルティーアーク付近からややカーブがかかった右足シュートでゴール右上を打ち抜いた。後半1分には相手GKのこぼれ球に反応してこの日2点目。試合終了間際にはドリブルでの突進からFWオリギのゴールをアシストした。

 コミュニティーシールドで得点したとはいえ、リーグ開幕戦は出場機会がなく、前節のチェルシー戦も後半41分からの出場。レギュラーの一角に食い込むためには結果が欲しかっただけに、何よりのアピールとなった。