ボローニャ・冨安がACミラン戦フル出場もイブラヒモビッチ2発で敗戦 

2020年09月22日 15時13分

 イタリア1部ボローニャの日本代表DF冨安健洋(21)は21日(日本時間22日)、アウェーで行われたリーグ開幕節のACミラン戦にフル出場した。

 昨季まではサイドバックで起用されていたが、今季から本職のセンターバックを務める。試合はACミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(38)に2点を決められて0―2で敗れた。

 まずまずの出来だった冨安は「ポジションは日本代表で慣れている。プレーの手応えはあったが、質を高める必要がある」と話していた。