リバプール・南野が移籍後初ゴール クロップ監督「順調にステップを踏んでいる」

2020年08月30日 15時44分

南野拓実

   昨季イングランド・プレミアリーグ覇者リバプールの日本代表MF南野拓実(25)が待望の移籍後、初ゴールをマークした。

 新シーズン開幕を告げるコミュニティー・シールド(29日=日本時間30日、ロンドン)で昨季イングランド協会カップ(FAカップ)を制したアーセナルと対戦。南野は後半14分から出場すると、0―1の28分に右足で同点ゴールを決めた。昨季途中の1月にオーストリア1部ザルツブルクから加入も公式戦14試合で無得点だったが、今季最初の公式戦で結果を出した。

 試合は1―1のままPK戦に突入。南野はPKも決めたが、チームは4―5で屈した。ユルゲン・クロップ監督(53)は「彼(南野)にとっても、私たちにとっても大きな出来事だ。遅かれ早かれゴールすると思っていたし、順調にステップを踏んでいる」と日本人MFのパフォーマンスをたたえた。

 今季リーグ戦は9月12日に開幕し、2連覇を狙うリバプールはリーズと対戦する。