【欧州CL】初の決勝進出パリSG ネイマール コロナ違反で出場停止!? 

2020年08月20日 11時54分

交換したユニホームを持ったネイマール(ロイター)

 欧州制覇に王手をかけたフランスの名門クラブがピッチ内外で注目されている。英紙「サン」など複数のメディアは、欧州CLで初の決勝進出を決めたパリ・サンジェルマン(フランス)のFWネイマール(28)が準決勝後、試合で着用したユニホームを対戦したライプチヒ(ドイツ)のDFマルツェル・ハルステンベルク(28)と交換したと報じた。

 実はこれが大問題。今季は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、欧州サッカー連盟(UEFA)がCL再開前に新たなガイドラインを作成し「選手はユニホームの交換を控えることが推奨される」と規定。違反すれば「懲戒処分につながる可能性がある」と明記されている。さらに米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、違反の際は1試合の出場停止と12日間の自己隔離になると報じ、ネイマールが決勝(23日=同24日)に出られない可能性があると、大騒動となっているのだ。

 また、クラブ初となるCL決勝進出の快挙に本拠地パリでは凱旋門の周辺に多数のファンが集結。コロナ禍でマスクもせず花火を打ち上げて大騒ぎするなど一部が“暴徒化”し、警察が出動する事態となった。悲願の初優勝がかかる大一番を前に水を差す形となってしまった。