【スペイン】香川シュートはバー直撃…サラゴサPO敗退1部昇格ならず

2020年08月17日 10時49分

香川真司(ロイター)

【スペイン・サラゴサ16日(日本時間17日)発】スペイン2部昇格プレーオフ準決勝第2戦、MF香川真司(31)が所属するサラゴサはホームでエルチェに0―1で敗れ、2戦合計も0―1で敗退となり、1部昇格はならなかった。

 スコアレスドローだった第1戦に続き、トップ下で先発のピッチに立った香川は攻撃陣をけん引。前半には前線にスルーパスを通して見せ場をつくり、後半にはゴール前でフリーになってシュート。だがボールはDFに当たり、クロスバー直撃で得点はならなかった。

 その後、36分に失点してアウェーゴールを与えると、42分にはPKを得たもののMFロスがパネンカ(相手を欺くチップキック)を失敗して万事休す。8季ぶりの昇格は夢と消えた。決勝のカードはジローナ―エルチェとなった。