長友佑都 移籍先に独2部ハノーバー浮上 原口元気と左サイド〝共闘〟か

2020年08月10日 17時34分

長友佑都

 トルコ1部ガラタサライを退団した日本代表DF長友佑都(33)の新天地候補に、MF原口元気(29)が所属するドイツ2部ハノーバーが浮上してきた。

 トルコ紙「ヒュリエット」は「トルコ人指揮官のケナン・コチャック監督(38)が左サイドバックを強化するためナガトモの獲得を望んでいる」と報道。すでに獲得に向けたオファーも出しているという。

 昨季は前半戦で低迷したハノーバーだが、昨年月にコチャック監督が就任するとチームの状態は上向き6位でシーズンを終えた。来季は最大の目標である1部昇格へ向けて補強を進めており、経験値の高い長友に白羽の矢が立った。

 日本代表の左サイドで何度もコンビを組んできた原口との〝共闘〟が実現するか注目が集まる。