【ベルギー1部】シントトロイデン新ユニホーム発表 日本代表GKダニエル「着やすくて動きやすい」

2020年07月09日 22時09分

左からDF松原后、FW鈴木優磨(ホーム用)、GKシュミット・ダニエル

 日本企業のDMMグループが経営権を持つベルギー1部シントトロイデンは9日、オンラインによる新ユニホーム発表会見を行った。

 オフィシャルサプライヤーは今季からイタリア・ボローニャを拠点とするスポーツメーカー「マクロン」に変更。ホームユニホームのコンセプトは「飛躍」でクラブのエンブレムに使用されているカナリアの羽をモチーフにデザインされた。

 ベルギーリーグは新型コロナウウイルス感染拡大で4月に今季打ち切りが決まり、8月9日に新シーズンがスタートする。日本代表GKシュミット・ダニエル(28)はビデオメッセージで「着やすくて動きやすい」と新戦闘服の好感触を語った上で「プレーオフ(PO)1圏内に入れるように頑張りたい」。FW鈴木優磨(24)も「上位に食い込んでいけるように全員で協力して頑張っていきたい」と意気込みを語った。

 同国リーグは新シーズンからレギュレーションに変更がある見通しで、これまで1~6位まで出場したPO1が1~4位までとなり、7~15位までのPO2が5~8位に変更になるという。シントトロイデンの立石敬之CEO(51)は昨季12位だっただけに「8位以内に入りたい」と最低限の目標を設定した。