久保建英は孤軍奮闘も…マジョルカ完敗で残留ピンチ

2020年07月04日 16時30分

久保の奮闘も結果にはつながらず(ロイター)

【スペイン・マドリード3日(日本時間4日)発】スペイン1部リーグで日本代表MF久保建英(19)が所属するマジョルカはアウェーでアトレチコ・マドリードに0―3で完敗した。久保はフル出場でチャンスを作ったものの、得点につなげることはできなかった。

 3位のアトレチコと、降格圏18位のマジョルカでは実力差は明らか。それでも久保はドリブルやパスで好プレーを連発して強豪を何度も翻弄した。

 だが試合は前半にマジョルカGKレイナがPKのピンチに好セーブ、と思われたのが蹴り直しの判定になる不運で先制点を献上し、その後も2失点とチーム力の差がそのまま出る結果となった。

 この敗戦でマジョルカは、試合数が1つ少ない17位のセルタとの勝ち点差は「5」のまま。

 今季の残りは4試合。残留には久保の活躍が求められる。