マジョルカ・久保建英が4得点に絡む3アシストで新たな最年少記録を更新 1部残留にも望み

2020年07月01日 11時00分

久保建英

【スペイン・パルマデマジョルカ30日(日本時間1日)発】日本の至宝が輝きを放った。スペイン1部リーグ第33節、マジョルカのMF久保建英(19)はホームのセルタ戦で実質3アシストで4得点に絡む活躍。5―1の勝利に貢献し、1部残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。

 中断明け後5試合未勝利の18位マジョルカにとって、勝ち点差8で17位のセルタとの直接対決は負けられない一戦。試合開始直後から気迫を前面に出したイレブンは前半7分にPKを獲得すると、5分を超える長いVAR判定でもこれが支持され、幸先良く先制ゴールを奪った。

 ここから本領を発揮したのが久保。27分、左サイドから前線のFWエルナンデスに縦パスを通してチーム2点目をアシストすると、40分にはDF2人のマークを受けながら横パスで打開して、DFポゾのゴールにつなげた。ポゾのシュートの前に相手選手に当たったことでアシストは記録されなかったが、3―0で前半を折り返した。

 後半5分にPKで1点を返されたが、勢いは止まらない。7分には久保のパスが起点となり、MFセビリアからFWブディミルにつながって4点目。15分には右サイドに展開した久保が狙いすましたパスを中央に送り、ダメ押しとなる5点目をアシストした。

 前々節のレアル・マドリード戦で敗れたとはいえ、久保のプレーぶりは国内で絶賛された。それが伏線となり、久保を自由にプレーさせたくないセルタはボールのない場面でもマーク。これを逆手にとり、マークが薄くなった味方に面白いようにパスを通した。1試合2アシストは自身初。またデータ分析会社「Opta」によると、外国人選手による複数アシストの最年少記録(19歳26日)を更新した。

 残留を争うライバルに勝利し、勝ち点差も5に詰めた。残り5試合、相手に脅威を与える天才が奇跡を演出する。