香川が9か月ぶり今季3点目

2020年06月17日 11時30分

香川真司(ロイター)

【スペイン・ルーゴ16日(日本時間17日)発】復活のノロシとなるか。スペイン2部サラゴサのMF香川真司(31)が敵地のルーゴ戦で昨年9月以来、9か月ぶりとなる今季3点目を挙げた。チームも3―1で勝利。後半32分までプレーし、存在感を示した。

 歓喜の瞬間は前半19分。CKからの流れで相手の逆襲を味方がカットすると、最前線で待っていた香川は絶妙なボールタッチとターンで相手DFを瞬時にかわし、右足の鋭いシュートで先制のゴールネットを揺らした。相手に退場者が出た後半も優位に試合を運び、2点を加えて押し切った。

 これでチームは勝ち点58とし、暫定ながら首位に浮上。前節は前半のみで屈辱的な交代となった香川にとっても面目躍如の一撃で、悲願の1部昇格に向けて再加速した。