バイエルン前人未到の8連覇達成 ブレーメンFW大迫は渾身ヘッド阻まれた

2020年06月17日 11時30分

大迫(下)はバイエルンの鉄壁の守備に封じられた(ロイター)

<16日の欧州サッカー>

【スペイン】マジョルカのMF久保建英(19)は中2日で敵地でのビリャレアル戦に先発出場し、直接FKでゴールを狙うなどチャンスもあったが無得点。今後の連戦を考慮されて後半15分に退いた。試合は0―1で敗れた。

【ドイツ】ブレーメンのFW大迫勇也(30)はホームのバイエルン・ミュンヘン戦で4試合連続先発出場したが、後半44分の渾身のヘディングシュートはGKノイアーの好セーブに阻まれて2試合連続のゴールはならなかった。試合はバイエルンがFWレバンドフスキのゴールで1―0で勝利。2試合を残して前人未到の8連覇を達成した。

【ポルトガル】ポルティモネンセのGK権田修一(31)は敵地でのサンタクララ戦でフル出場し、1―1で引き分け。DF安西幸輝(25)はベンチ外だった。ポルトのMF中島翔哉(25)は敵地のアベス戦を欠場した。