【ドイツ1部リーグ】首位バイエルン勝利 レバンドフスキが先制

2020年05月18日 11時30分

後半35分、バイエルンのバンジャマン・パバールの2点目のゴールが決まった(ロイター)

 ドイツ1部リーグで首位のバイエルン・ミュンヘンは17日(日本時間18日)にアウェーでウニオン・ベルリンに2―0で勝利した。前半40分にFWロベルト・レバンドフスキ(31)のゴールで先制すると、後半35分にDFバンジャマン・パバール(24)のヘディング弾で加点した。

 2部ではシュツットガルトのMF遠藤航(27)は1―2で敗れたウィースバーデン戦にフル出場した。ザンクトパウリのFW宮市亮(27)は1―0で勝ったニュルンベルク戦にフル出場し、無得点。MF原口元気(29)が所属するハノーバーの試合は、対戦相手ドレスデンの2選手が新型コロナの検査で陽性となり、チーム全体が保健当局から隔離措置を受けたため延期となった。