ゼロ円でも譲渡先見つからず 中国1部・天津天海が解散

2020年05月13日 11時30分

 中国1部(スーパーリーグ)の天津天海は破産申請して解散したと発表した。

 前身の天津権健時代には元イタリア代表主将のファビオ・カンナバロ氏(46)が指揮を執り、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(30)らビッグネームがプレー。2018年にはアジアチャンピオンズリーグ(ACL)で8強入りを果たした。

 ただ、19年に親会社の製薬会社社長のオーナーが不正行為で逮捕。これを契機に管理母体とクラブ名が変わり、選手の流出が続いた。3月からゼロ円でチームの譲渡先を探したが、新型コロナウイルスの影響もあってか“救世主”は現れなかった。