【欧州CL】8月に「異例の超過酷開催」の可能性

2020年04月20日 11時30分

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断している欧州チャンピオンズリーグ(CL)が、8月に異例の超過酷開催となる可能性が出てきた。

 スポーツ専門テレビ局「スカイ」イタリア版によると、決勝トーナメント1回戦の第2戦で残る4試合を8月7、8日に再開。その後は準々決勝の第1戦が11、12日、第2戦が14、15日に開催される。準決勝は第1戦が18、19日、第2戦が21、22日と実施した後、決勝は一発勝負で29日にトルコのイスタンブールで予定されているという。

 欧州各国では8月に気温40度を超すことも珍しくない酷暑の中で、決勝トーナメント1回戦第2戦が残るチームは、勝ち上がっていけば中2~3日が繰り返される“地獄のスケジュール”となりそうだ。この日程が採用された場合は、来季のCL開幕は10月20日とする案が有力となっている。

 欧州サッカー連盟(UEFA)は21日に所属の各国連盟、22日に各国リーグとウェブ会議を開催する予定で、CLの真夏決戦プランも議論されることになる。