1億7300万円で保釈 ロナウジーニョ氏めぐり大パニック

2020年04月09日 16時40分

 偽造パスポートでパラグアイに入国した疑いで逮捕された元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏(40)を巡ってあわやパニックだ。

 3月6日に逮捕されたロナウジーニョ氏と兄のアシス氏(49)による請求が認められ、それぞれ160万ドル(約1億7300万円)を支払って保釈されたと裁判所が発表した。パラグアイ紙「ABCコロール」などによると、保釈されたロナウジーニョ氏らは、アスンシオン市内にある4つ星ホテル「パルマロガ」で別々の部屋に入った。裁判が始まるまでは国外へ出ることが禁じられているため“軟禁”状態になるという。

 スペイン紙「ムンド・デポルティボ」は、ロナウジーニョ氏がホテルに到着した際の様子を伝え、報道陣ややじ馬が殺到。警察官やパトカーも出動して対応にあたり、現場は騒然とした雰囲気に包まれた。本人はもみくちゃにされながらも笑みを浮かべ無事にホテルへと入っていった。

 世界的なスーパースターだけに、軟禁生活の間は落ち着かない日々となりそうだ。