ロナウジーニョ氏 刑務所でフットサルデビュー

2020年03月16日 16時40分

収監されたロナウジーニョ氏(ロイター)

【スポーツ情報局】サッカー担当記者 偽造パスポート使用の罪を問われてパラグアイの刑務所に勾留されている元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏(39)にスペイン1部バルセロナ時代の盟友が“助け船”を出すかもしれません。

 デスク アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(32)のことだな。

 記者 英紙「ミラー」など複数のメディアは、メッシが凶悪犯も収監されている刑務所からロナウジーニョ氏を助けるために保釈金400万ユーロ(約4億7600万円)を提供すると報じています。

 デスク かねて2人の関係が良好なのは知っているけど、にわかに信じられないな。

 記者 さすがのメッシでも大金ですし、どうやらガセネタのようですよ。スペイン紙「スポルト」は、メッシ側が保釈金の支払い報道を否定した上で「更生してほしい気持ちだけは強い」と伝えました。

 デスク それで、ロナウジーニョ氏は刑務所でどんな様子なんだよ。

 記者 勾留生活をエンジョイしているみたいです。英紙「サン」をはじめ各メディアは、ロナウジーニョ氏が刑務所でフットサルデビューしたと伝えています。5ゴール6アシストで全得点に絡み、11―2の勝利に貢献したようです。

 デスク さすがは元ブラジル代表だな。

 記者「スポルト」紙によると、刑務所でもトレードマークのスマイルを欠かさないそうですよ。収監されていますが、本人は犯罪に手を染めた意識がないのかもしれませんね。