フィーゴ氏が久保建のレアル復帰を熱望

2020年03月02日 16時40分

フィーゴ氏が都内で記者会見

 元ポルトガル代表FWでスペイン1部のレアル・マドリードと同バルセロナでプレーしたルイス・フィーゴ氏(47)が、日本代表MF久保建英(18=マジョルカ)に大きな期待を寄せている。

 2009年の現役引退後、初来日となったフィーゴ氏は、バルセロナの下部組織育ちで昨夏にRマドリードへ移籍した久保について「彼は優秀な選手。今はプロとして初めて欧州のリーグでプレーしている。まだ若いのでこれからいろいろなことを学んで、どんどん成長していくと思う」と躍進に太鼓判を押した。

 現在はレンタル移籍し、マジョルカでプレーしていることに「これから成長してRマドリードでプレーしてほしい。高いレベルでプレーしていけば(日本)代表にも貢献できる」。自身のように、クラブでも代表でも活躍する大スター選手に育ってほしいと願っている。

 フィーゴ氏は今回の来日中に「WOWOW」のサッカー1日宣伝部長などプロモーションを精力的にこなしている。「(新型コロナ)ウイルスの問題があるので行動が制限されるが、日本ではみんな温かく迎えてくれる」。限られた範囲とはいえ日本を満喫しているようだ。